ペットボトル版レッドブルが回収騒ぎ 「まだ飲んでないのに!」ファンは悲鳴

印刷

   人気のエナジードリンク、レッドブルのペットボトル版「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」の販売が中止になったという話がツイッターなどで流れ、レッドブルファンの間では大騒ぎとなった。

   2013年6月4日に発売したばかりの商品だが、賞味期限の表示に問題があったためだった。レッドブル・ジャパンは14日から自主回収を進めている。

突然の回収に陳列棚が空いたままのコンビニも

自主回収となった「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」
自主回収となった「Red Bull ENERGY DRINK 330ml PET」

   騒動がツイッター上で広まったのは6月14日。大阪のコンビニで働くスタッフだと名乗るツイッターが「レッドブル330ml。賞味期限の表示がヨーロッパ表示だった事が判明。日本では販売不可となっている為、店頭撤去となりました。当商品は期間限定の為再販いたしません」と書いたためだ。

   レッドブルを販売するレッドブル・ジャパンからの発表がなかったため、このツイートが言わば準公式のように拡散された。

   都内にある複数のコンビニを訪ねると、すでにすべての店舗でペットボトル版レッドブルの回収が行われていた。回収作業が行われたばかりらしく、店によってはまだ陳列棚が空いたままとなっている。

   スタッフに話を聞くと14日の晩に通知があり、その日のうちに業者が回収に来たという。客からの問い合わせはまだないとしたが、売れ行きも好調だっただけに残念だと話した。

   ツイッター上では「撤去されてて泣きたい。まだ2本しか飲んでねーよ…」「発売中止と聞いて近所のコンビニに走ったが遅かった。飲んでない…」などファンの悲しみの声があふれた。なかには「ペットボトルレッドブルはもう7本飲んだ!悔いはない!」という熱狂的なマニアのツイートも見られたが、多くの人がありつけなかったようだ。

「コンビニでの再販予定はない」

   レッドブル・ジャパンに問い合わせると、回収は事実だとして「お客様にご迷惑をおかけし、申し訳ありません」と話した。

   消費者庁のサイトによると、賞味期限の表示が「○年○月○日」以外の場合は輸入業者が「責任を持って、適正な表示をする必要がある」としている。

   騒ぎになっているペットボトル版レッドブルはオーストリアの工場で生産されたもので、一部製品の表示が「○日○月○年」と日本とは逆のヨーロッパ式になっていた。賞味期限が過ぎているなど品質に問題があったわけではないが、店頭に並ぶすべての商品を自主回収することを決定したという。

   もともとペットボトル版は野外ロックイベント「Summer Sonic 2013」とタイアップした限定商品だった。ボトルデザインもミュージシャンのライブの様子をプリントしたもので数量限定での生産だ。

   同社の広報担当者によると、コンビニでの再販予定はないという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中