国の借金「刷って返せばいい」 麻生財務相が「財政ファイナンス」容認発言?

印刷

   アベノミクスの影響で景気回復の兆しが見えてきた日本経済の、重しになっているのが970兆円にも膨らんだ国債などの借金。国はそれを返済していかなければならない。

   そうしたなか、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「日本は自国通貨で国債を発行している。(お札=日銀券を)刷って返せばいい。簡単だろ」と、財政法で禁じられている「財政ファイナンス」を容認したかのような発言をした。

財政ファイナンスは「禁じ手」

   麻生財務・金融相の発言は、2013年6月17日に横浜市内で行った講演でのこと。時事通信によると、発言は財政法が禁じている「財政ファイナンス」を連想させ、会場からはどよめきの声が上がったという。

   ただ、麻生氏は「お金を出し過ぎて信用がなくなったら金利は上がる」とも指摘。際限のない通貨発行には否定的であることも強調し、そのうえで日本の借金は970兆円に膨らんでいるものの、金利は上がっていない。「日本が財政破たんの危機ということはない」と言いきった。

   「財政ファイナンス」とは、国債のマネタリゼーション(貨幣化)とも呼ばれ、中央銀行が政府に対して資金を調達することをいう。政府の財政赤字に対して、日銀が国債を直接引き受けることで資金を融通する。

   しかし、財政法はこれを禁じている。日銀がいったん国債の引き受けなどで政府への直接の資金供与をはじめてしまうと、政府の財政規律を失い、通貨の増発に歯止めが効かなくなり、将来的に「ハイパーインフレ」を招く恐れが高まるからだ。

   とはいえ、みずほ総合研究所のチーフエコノミストの高田創氏が、「過去10年余りの日銀の金融政策は、そもそもマネーフローでは財政ファイナンスと為替誘導にあり、4月以降の黒田日銀の『異次元の金融緩和』は、為替誘導と財政ファイナンスの度合いを一層強めている」と指摘するように、すでに日銀による「財政ファイナンス」が行われているとの見方は少なくない。

   日銀の黒田東彦総裁は5月の参院予算委員会で、「異次元の金融緩和」における長期国債の大量買い入れについて民主党の川上義博議員の質問に、「財政ファイナンスとは明確に一線を画すもの」と強調。「(買い入れは)あくまでも金融政策の目的のために、日銀自身の判断で行うもの」と説明している。

莫大な財政赤字の解決方法は「インフレ」か「デフォルト」か……

   「財政ファイナンスとみられても仕方ない部分がある」――。民主党の細野豪志幹事長は2013年5月25日、そう言って政府と日銀をけん制した。2日前の23日、財務省が国債の入札をした、その日に日銀が国債の買い取りを表明したからだ。

   日銀は「2年間で2%の物価上昇を目標に2倍の資金供給をする」としている。「金融緩和で期待に働きかけるのはいいが、国の財政を回すために国債を買い取るのが目的になってはいないか」との懸念が出てきた、という。

   しかし一方で、そもそも莫大な財政赤字の解決方法はそうない。欧州連合のようにコツコツと財政再建を断行し債務を減少させるか、かつてのロシアのようにデフォルト(債務不履行)に陥るか、インフレ率が数千パーセントというハイパーインフレによって債務を解消させてしまうか、だ。

   日本が目指しているのは、インフレによる財政赤字の「軽減」。たとえば缶コーヒーが1本1億円といったようなことにならないように、インフレ率をコントロールしながら景気をよくしていく。

   ただ、景気回復が実現できなかったときは、円安、インフレ、債券安(金利高)だけが残ることになる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中