サラリーマンお小遣い平均額4万円弱 バブル崩壊後最低に

印刷

   新生銀行が2013年6月28日に発表した「2013年 サラリーマンお小遣い調査結果」によると、サラリーマンのお小遣い平均額は3万8457 円(前年比1299 円減)で、バブル崩壊後最低を更新した。

   1979年の調査開始以来、過去2番目に低い金額。昼食代の平均金額は518円と12年から8 円のアップで、ワンコインランチの傾向が続いている。 一方で、1回の飲み代は614円上昇の3474円となったが、その回数は減少して、1か月の飲み代の合計額は746円微増の7689円に留まっている。

   生活実感としては引き続き苦しいとする状況の中、約7割の人が何らかの節約策をとっている。昼食代や水筒持参で出費を抑え、足りない場合は我慢しつつも、一部の人はアルバイトを含む副収入で補う姿も垣間見られる。

   同行では結果について、「アベノミクス効果で一部の企業の業績も上向き、株価も上昇したとはいえ、サラリーマンのお小遣いにはまだその恩恵が十分におよんでおらず、現時点ではまだ守りの傾向が優勢です」と分析している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中