キャバクラ嬢と「援交」したと報道された佐田衆院議運委員長が辞任

印刷

   衆議院は2013年7月2日に佐田玄一郎衆院議院運営委員長(自民)が辞任したと発表した。佐田議員は13年6月27日発売の「週刊新潮」で女性問題を報じられた責任を取るため13年7月1日に辞任願を提出していた。

   週刊新潮によれば佐田議員は、東京上野のキャバクラでアルバイトをしていた東京六大学に通う20歳の現役女子大生と計20回ホテルに行き、一回につき4万円を支払ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中