浜崎あゆみ、傷心の野村義男にエール「明日も明後日も最高のステージを創ろう」

印刷

   歌手の浜崎あゆみさん(34)がギタリストの野村義男さん(48)を2013年7月5日にツイッターで励ました。野村さんはバンド「THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)」をともにした加賀八郎さん(55)を2日に多発性骨髄腫で亡くし、4日の通夜では涙を流していた。野村さんは浜崎さんが歌手デビューした1998年から、バックバンドのギタリストを務めている。

「繊細な面を隠すように、いつも笑顔でおどけている人」

   浜崎さんは野村さんを

「デビュー以来ずっと私の隣に居てギターを弾いてくれている人。ギターを弾きながら、ステージ上の私に一ミリの不安も感じさせないようにと常に気遣ってくれている人。そしてそんな繊細な面を隠すように、いつも笑顔でおどけている人」

だと評する。

   浜崎さんは現在ツアー中で、6日、7日にもセキスイハイムスーパーアリーナ(宮城県)でのライブを控えているが、ここでも野村さんは演奏するようで、

「多くの言葉は胸にしまい、今年デビュー30周年を迎える最高のエンターテイナーである彼の隣で、変わらない笑顔で、明日も明後日も歌いたいと思います」

と決意を明らかにした。また浜崎さんは、

「あの彼が人前ではじめて見せたであろう涙は、一座の仲間たちと仙台に来てくれる皆とで、がっちり受けとめて、最高のステージを創ろう。今、何よりも誰よりも最高のステージを届けたいのは彼自身のはずだから」

とも話し、野村さんのためにライブを成功させると宣言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中