京都府警がLINEに違法有害情報の拡散防止対策を要請

印刷

   京都府と府警が「LINE」(東京都)に対し、違法・有害な情報の拡散防止対策などを要請する文書を2013年7月17日付で送付した。自治体や警察が同社に対策を求めるのは初めてという。

   スマートフォン(多機能携帯電話)などの無料通信アプリ「LINE(ライン)」を介し、少年が関係する性的犯罪が増加していることを受けたもの。

   府児童ポルノ規制条例はネット事業者に、児童ポルノの流通、拡散を防ぐ責務があると定めており、ラインが児童ポルノや児童買春などの犯罪の温床になっているとしているという。文書では、利用者(少年)と保護者に対する啓発違法・有害な情報に容易にアクセスできない仕組み作りなどを求めている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中