「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議

印刷

   新作アニメ映画「風立ちぬ」公開を控えた宮崎駿監督(72)が、「慰安婦問題で日本は謝罪して賠償すべきだ」などとインタビュー記事で発言し、物議を醸している。

   この記事は、事務所のスタジオジブリが2013年7月10日から全国の書店で配布した無料の小冊子「熱風」7月号に載せられている。

「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」

特集内容が話題に
特集内容が話題に

   冊子がほしいと要望が多いため、ジブリが18日にホームページ上でPDFにして緊急配信したところ、ネット上で、大きな話題になった。

   7月号は、「憲法改正」特集を組んでおり、宮崎駿監督は「憲法を変えるなどもってのほか」と題した記事で談話を載せている。

   そこで、宮崎監督は、日本は戦争中に近隣諸国に酷いことをしており、戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だと訴えた。そして、「選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほか」と切り捨てた。

   さらに、宮崎監督は、韓国や中国を想定しているらしく、慰安婦や領土についても、踏み込んだ発言をした。

「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする。この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません」

   また、宮崎監督は、「こんな原発だらけの国で戦争なんかできっこない」として、日本は、衣食住などを自ら賄うよう産業構造を変えていくことの方が大事だと主張した。そうすると、人口は3分の1ぐらいが適正で、アニメ産業も今後は成り立たなくなると自虐的な予測をしている。

   こうした主張に対し、ネット上では、「私もそう思う」「正直でいいじゃん」などと肯定的に受け止める向きもある。

年収400万円アップ 転職を成功させる方法

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘するヘッドハンターは実在する。では、彼らにどうやってアクセスす...続きを読む

PR 2015/04/02

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
319
名無しの次元 2013/12/ 8 06:32

絵で世界を魅力的に描けるという事は、しばしばその世界と物語の中で 神の全能を持つものだ。

そのディテールの卓越さゆえに、いくら作者が現実との間でバランスを取ろうとも。

あなたも コナンと幼き者たちへ希望を托し、ルパンで挫折を味わい、ナウシカとして思考を旅し、国々を、風の谷の住人として憂いたであろうに…。

トトロの森で静かに暮らすがいい。

318
狂雲 2013/10/10 07:56

慰安婦問題は軍の関与があったかどうかではなく、軍が主導し強制的な人狩りをして慰安婦を集めたかどうかなのですよ。出先の軍人が、身勝手な行動をしたものは含まれません。例えるならば、警官が痴漢をしたとしましょう。しかしこれは警官の罪であって、警察が公権力を行使して行わせたものではない。慰安婦問題も同じなのですよ。

317
鬼男 2013/8/24 23:57

>316
>ジブリ叩きは是非島に行って頑張ってくれ。

馬鹿じゃないの?
ジブリって島にあるの?

>国益語る奴はまず福島止めに作業員やってくれ。福島って動脈切られて何が国益だよ?

他人にごちゃごちゃ言わないで、自分がすれば。どうせやってないだろ?!

福島の方々は、気の毒だと思うし、申し訳ないけど、俺は自分が出来る範囲の支援しか出来ない。

皆が皆、福島原発で作業員しないと国益に繋がらないのか?

福島だけが、日本か?
話しをすり替えんなよ!従軍慰安問題についての日本の国益と福島原発問題を解決する国益と同一問題にするんじゃないよ!福島の方々に無礼だろ!

宮崎監督の従軍慰安婦発言擁護したいなら、偏っててもいいから、rdみたいに持論で反論したらどうだい?
話しすり替えて、姑息な反論すんなよ。みっともない。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

京都の「智積院」では、国宝の長谷川等伯の襖絵を見ることができ...

京都

エクスぺリアのような高性能機種でも、こんなに差が出るとは!!

20〜40代の独身男性2000人アンケートでわかった真実とは?

メディアの成長支える「企画営業部」で即戦力となるスタッフを募集しています。

お知らせ