大手スーパー「税抜き」表示に 来春の消費増税で

印刷

   大手スーパーなど57社が加盟する日本チェーンストア協会は、2014年春に予定されている消費増税にあわせた価格表示について、「税抜き」を基本とする方針を決めた。同協会の井上淳専務理事が2013年7月22日の記者会見で明らかにした。税抜きを基本とするのは、商品本体は値上げしていないことを消費者に明示し、割高感を与えないため。

   税抜き価格に加え、現在の「税込み」の総額表示を併記するかなど、具体的な表記は今後詰める。井上淳専務理事は「会員ごとの実情も踏まえ、ガイドラインなどをつくることも検討する」と述べた。

   一方、食品スーパー99社で構成する日本スーパーマーケット協会は、6月28日の総会で「税抜き」表示の方針を決めており、スーパー業界の足並みがそろった。

   価格表示は2004年から「税込み」の総額表示が義務づけられたが、消費増税が2段階で実施される見通しで、スーパーなどの値札の貼り替えなどの負担を軽くするため、2017年3月までの時限措置で税抜き表示も認められるようになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中