オウム真理教の替え歌で投票呼びかけ 中学教諭のツイッターに批判相次ぐ

印刷

   群馬県高崎市在住の公立中学校男性教諭が、かつてオウム真理教が衆院選に候補を立てたときに使った歌を投票呼びかけの替え歌にしてツイッターでつぶやき、批判が相次いでいる。

   この男性教諭は、1日に何回もツイートをしており、ネット上では、ある程度知られた存在のようだ。

「とーひょー、あさからとーひょー♬」

   参院選投開票日前日の2013年7月20日は、指導に行っている大学の部活動で学生たちが投票に行く気配がないとツイッターで嘆いた。自らも政治に興味がなく、何度も棄権したとしながらも、小選挙制になって選挙が面白くなったとし、「無関心はよくないよね」と書いた。

   そして、日本共産党のマスコットキャラがテーマソングなどで政治への関心を高めようとしているという報道を引き合いに出した後、こうつぶやいたのだ。

「とーひょー、とーひょー、とひょとひょ、とーひょー、あさからとーひょー♬」

   元の歌は、オウム真理教の教祖だった麻原彰晃死刑囚の名前をメロディーに乗せたものだ。

   すると、ツイッターでは、このつぶやきに対し、「不謹慎極まりない」などと非難が相次ぐ事態になった。「サリン事件で何人なくなった思ってんだ?まだ、苦しんでる人もいるのに」といった指摘や、実際に後遺症が残っている親族もいると怒る人も出た。

   そして、授業でこんな替え歌を歌っていないのかといった疑問が寄せられた。これに対し、男性教諭は、「生徒に選挙権ないですが」として、「なんでこうTweetそのまま授業でやると思うんですかね」と反論した。普通の大人なら、時と場所、場合に応じた教育をわきまえているともした。

   男性教諭は、翌21日もツイッターで弁明に追われた。

批判には「『臭いものには蓋』と変わらない」

   不謹慎だとの批判に対しては、「一見正しいことを言っているようだが、『臭いものには蓋』と変わらない」とツイッターで反論する。

   男性教師は、「日本人は嫌な事は早く忘れて目の前から消し去り日常に戻ろうとするバイアスが強すぎる」とし、「一連の麻原彰晃の歌はみんな聞いてみた方がいい。そしてなぜこんな集団が一定の支持を得たのかは今後も考えたい」などと説明している。

   自らにも、オウム信者になって警察に指名手配された友人がおり、出家した友人も数人いたとして、「なぜ、ああなってしまったのか。今でも考えている」と言う。男性教師は、オウム信者かとツイートで聞かれ、「オウムの話題を出すと『信者か』と言う方がよっぽど不謹慎ですね」と反論していた。

   なお、男性教諭は、反原発の立場を明確にしており、過去には、ツイッター上の放射線量測定を巡る発言で福島県の人から訴訟を起こされたことがある。また、お笑い芸人が「現時点では原発は必要」だと伝えた過去のツイッター・ダイレクトメッセージを無断で公開したと論議になり、男性教諭はこのとき、芸人が脱原発派と明かしたから公開してもいいと思ったと説明していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中