スケルトン・越氏を戒告処分 選手のセクハラ止めず

印刷

   選手同士のセクハラ行為に対し適切な指導をしなかったとして、日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟がスケルトン強化部の越和宏部長(48)を戒告処分としていたことが、2013年7月29日までにわかった。

   時事通信の報道などによると、11年9月に長野市で行われた大会後の宴席で、ジャンケンで勝った男子選手が負けた女子選手の体に触った際、越氏は止めずにあおっていたという。

   連盟は13年4月に情報を得て事実確認し、「止めなかったのは不適切」として5月に戒告処分とし、大会後の役員と選手の食事会を禁止する通達も出したが、公表していなかった。

   越氏は14年のソチ五輪に向けて日本代表の男子・女子双方のコーチと強化部長を務めているが、連盟は女子選手の指導から外す方向で検討しているという。

   越氏はスケルトンでの日本の先駆者で、正式種目に採用されたソルトレークシティー五輪から3大会連続で冬季五輪に出場。10年に45歳で出場したバンクーバー五輪では「中年の星」と呼ばれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中