米グレンデール「慰安婦像」除幕式 市長は出席見合わせ

印刷

   米ロサンゼルス近郊のグレンデール市で、韓国系市民団体が寄贈した「従軍慰安婦像」の除幕式が現地時間2013年7月30日行われた。米西海岸に慰安婦像が設置されたのは初めて。

   慰安婦像の設置をめぐっては現地日系人、また日本政府が「反対」の働きかけを行ったが、市の決定を覆すことができなかった。一方で設置をめぐっては関係者の間でも賛否があり、設置に批判的だったとされるウィーバー市長は除幕式への出席を見合わせた。菅義偉官房長官は7月31日の記者会見で、「極めて残念」との見解を示している。

年収400万円アップ 転職を成功させる方法

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘するヘッドハンターは実在する。では、彼らにどうやってアクセスす...続きを読む

PR 2015/04/02

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

20〜40代の独身男性2000人アンケートでわかった真実とは?

メディアの成長支える「企画営業部」で即戦力となるスタッフを募集しています。

新宿ISETANが展開した「グローバルグリーンキャンペーン」とは

mirai

エクスぺリアのような高性能機種でも、こんなに差が出るとは!!

お知らせ