コミックイベントで「先輩芸人のBL本売る」 吉本芸人に腐女子が激怒、中止に追い込まれる

印刷
「8月18日にインテックス大阪で行われるコミックイベントに1冊500円で同人誌を出すことになりまして、新喜劇のボーイズラブ漫画を描かせていただきました!是非よろしくお願いします!」

   吉本新喜劇の芸人が先輩芸人を題材にしたBL同人誌を描き、同人イベントで販売するとツイッターで予告した。これがネットで腐女子らの怒りを買い、中止に追い込まれてしまった。

「オタクのルールを知らない芸能人が…」

   きっかけはニコニコ生放送内のコンテンツ「ざわざわレボリューション」番組企画だった。番組には吉本のあまり売れていないオタク芸人が出演している。

   企画は「同人誌の即売会に参加しよう」というのが前提で、そのために出演者で相談して新喜劇のBL同人誌を描くこととした。カップリングは視聴者にアンケートをとって決まった。そして日にちが一番近い8月18日のインテックス大阪で頒布することにしたという。

   ここでいう「インテックス大阪」とは、同日この会場でおこなわれる赤ブーブー通信社主催の同人誌即売イベント「SUPER COMIC CITY関西19」のことだ。同人界隈では「インテ」と呼ばれ、コミケに次ぐ一大イベントになっている。

   番組メンバーらは担当社員に許可を得、漫画に出演する先輩芸人らにも了承を得たとしており、いわば「公式が同人」になるわけだ。ところが、これにインテへのサークル参加を予定している人や腐女子らが疑問の声をあげた。

「ナマモノって相当デリケートだから荒らしととられても仕方がないね…吉本さんよく調べようよ迷惑だよ」
「生モノサークルさんを本人バレさせてジャンル潰す気なの?!」

   原典を利用して、二次的にストーリーを作る「二次創作同人」では「公式の迷惑にならない」ことが暗黙のルールだ。実在する人物を題材にする、いわゆる「ナマモノ」ジャンルの場合はとりわけ「本人バレ」、つまり本人に知られることがないよう気を遣う。一般禁=こうしたジャンルに興味のない一般人は見ないでください、見せないでください、事務所禁=芸能人本人や所属事務所、関係者には見せないでください――といったゾーニング(閲覧購入制限)を同人誌作者やファンらがかなり厳格にかけてきた。「自分の同人誌を送って」とファンに呼びかけるT.M.Revolutionの西川貴教さんのような有名人もいるが、これは例外中の例外。番組企画はこの地雷をモロにふんでしまったというわけだ。

「オタクのルールを知らない芸能人がグレーゾーンである二次創作の本を興味本位で買い、それを免疫のない御本人や関係者に見せる可能性がある…」

   イベント会場ではサークルはジャンルごとに固めて配置される。腐女子らは、番組サークルを目当てにやってきた一般人や芸能人が、興味本位で周囲の「芸能ジャンル」サークルの本を購入し、「被害」が拡大することまで懸念しているらしい。

腐女子「メディアで取り上げられて笑いもんになるんでしょ?」

   また、「撮影入るでしょ絶対?知らんけど。万が一写って放送されたら死ぬぞ??????とインテに行く隠れ腐女子の私が震えてる......」「一般の人が写メとか撮るんでしょ?でうわっなにこれアニメ?ロボ?これとか子ども番組じゃん!気持ちわるーい!!!って笑うんでしょ?でそれがメディアで取り上げられて腐女子笑いもんになるんでしょ?」「やばい怖いよどーなんの…(;´д`)」と、「ニコ生」という言葉からカメラを持ち込まれたり、芸人目当てに一般人がやってきて馬鹿にされたりすると恐れている声も。中には、「隣の島でも参加イヤになるレベルだお…」と参加を躊躇する人も現れた。

   この騒動を受け、番組メンバーの岡田直子さんは自身のブログで「今回のサークル参加に関しましては辞退させて頂くと共に告知ツイートも削除させて頂きます。本当にすみませんでした」と発表した。

   「『ローカルルール』というものに関しては勉強不足だったことも認めざるおえません」(ママ)「本当に軽率な行動だった」と反省した上で「ただ、皆様が仰っているようなカメラでの撮影などは全く考えておらず、普通に参加して番組内でどのくらい売れたかの結果報告のみで計画しておりました」「このジャンルに対して潰したいといった考えはありませんでしたし、むしろ皆様と仲良くありたいと思い参加しようとしていた気持ちだけは信じて頂きたいです!!」と釈明した。

   なお、この件について、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは「お騒がせして申し訳ございません。本人がブログに書いていることがすべてです」とJ-CASTニュースに対してコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中