動物でのヒト臓器作りを可能に 総合科学技術会議の調査会が容認論まとめる

印刷

   日本がリードしている生命技術の1つ、動物胎内でのヒト臓器作り研究の解禁が現実味を帯びている。総合科学技術会議の生命倫理専門調査会(座長・原山優子議員)が2013年8月1日の会議で容認の結論をまとめ、規制元である文部科学省に送ったからだ。

脳や生殖細胞などについては一定の制限

   対象になっているのは「動物性集合胚」 (胚とは受精卵が分裂を始めた段階) 研究。遺伝子操作で動物の特定の臓器を作れないようにした胚にヒトの臓器細胞をまぜたものを動物の子宮内に入れて育てると、動物性集合胚になる。その結果、人間の臓器を持つキメラ動物になる。すでに東大医科学研究所グループはブタに別のブタのすい臓を作らせることに成功している。

   しかし、2001年にできたヒトクローン技術規制法にもとづく文部科学省の指針では、当時の科学技術会議の議論を経て、動物性集合胚を実験室で育てるのは14日までで、人間や動物の子宮に戻すことは禁じられている。このため、移植に使えるような人間の臓器をブタに作らせる、といった研究まではできなかった。指針による規制がゆるめられれば、作った臓器が十分実用になるか、より実用性を高める方法、なども可能になる。

   専門調査会は昨年から7回にわたって専門家からの聞き取りや海外の実情調査報告などにもとづいて議論し、人間の脳や生殖細胞などの一定の制限を認めながら,そうでない動物性集合胚を動物胎内に移植することを認めるべきだ、との見解をまとめた。また、その見解を踏まえ、文部科学省が早急に指針の見直しを行うよう求めた。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中