西村博之氏、1億円申告漏れ 譲渡後も「2ちゃん」から広告収入

印刷

   ネット掲示板「2ちゃんねる」創設者の西村博之氏(36)が、東京国税局から約1億円の申告漏れを指摘されていたと、読売新聞、NHKなどが2013年8月24日報じた。西村氏は2009年に2ちゃんねる事業をシンガポールの企業に譲渡したとしていたが、その後も4年間で広告収入計約3億5000万円を受け取っていた。西村氏はその一部を個人所得として申告していたが、国税局はシンガポールの企業の事業実態が乏しいとして、全額を西村氏の個人所得とみなした。すでに西村氏は修正申告を行ったと見られる。

   西村氏は24日昼現在、NHKなどの取材に回答せず、ツイッターやブログなどでもこの件について発言していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中