AKBまゆゆの「頭蹴り」 BPOが「27時間テレビ」審議対象に

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は、フジテレビ「FNS27時間テレビ 女子力全開2013」(2013年8月3日~4日放送)中のコーナーで、お笑いタレント・加藤浩次さんがAKBグループのメンバーの頭を踏んだり蹴ったりする場面が複数回あったとして、同番組の審議入りを決定、9月3日に公式サイトで発表した。

   同番組ではバラエティ番組「メチャ×2イケてるッ!」でおなじみのコントコーナー「爆烈お父さん」を生放送。父親役の加藤さんがゲストに説教してプロレス技をかけるという内容で、AKB48の渡辺麻友さんは頭を蹴られたほか、高橋みなみさんや板野友美さんらに対しても過激な演出が行われた。放送後にはインターネット上でも話題となり、一時は加藤さんに殺害予告が出るほどの騒動となった。

   青少年委員会は9月3日開催の第148回委員会で「振り回される側が了解していても見ている人を不快にさせる」「台本通りの演出だったのかどうかが知りたい」などの討論を行い、審議入りを決定。次回委員会にも、当該局の政策責任者等を招いて、番組企画意図や製作方法について意見交換を行う予定としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中