「AKB48」に「初音ミク」「ガンダム」… ネットで早くも東京五輪開会式の出演予想

印刷

   2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まったことで、ネットでは早くも開会式はどうなるのかといった話題が取り沙汰されている。

   オリンピックの開会式といえば開催国の威信をかけてその国を代表する文化や芸術の紹介、最先端技術の披露、世界をあっと驚かす演出が施される。日本はというと、AKB48、初音ミク…そして隠し玉などの出演予想が出て、議論になっている。

「週刊ポスト」の対談がきっかけ?

   この議論は「週刊ポスト」(2013年9月13日号)に掲載された経済アナリストの森永卓郎さんと小田嶋隆さんの対談をきっかけに始まった部分もあるらしい。東京オリンピックの総合演出はクドカン(宮藤官九郎)、開会式は秋元康プロデューサーの名前を挙げていて、森永さんは、

「AKBグループが勢ぞろいするぐらいだとおもしろいんだけどなァ。ついでに東北復興も合わせて『あまちゃん』のGMTが出てくれば、もっといい!」

などと語っている。この対談はもちろん東京に決定する前に行われたものだ。

   オリンピックの開会式といえば、11年のロンドンオリンピックでは映画監督のダニー・ボイルさんが演出をしてかかった費用は33億円といわれる。出演者も世界的に知られる面々ばかりで、Mr.ビーンの俳優ローワン・アトキンソンや、サッカー元イングランド代表主将のベッカムが登場、そして元ビートルズのポール・マッカートニーが熱唱した。また、ハリー・ポッターやメリーポピンズなどイギリスを代表するファンタジー映画、シェークスピア作品の朗読なども行われた。エリザベス女王も映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役、ダニエル・クレイグさんのエスコートでバッキンガム宮殿からヘリコプターに乗り込みパラシュートで飛び降りるといった映像に出演した。

「宮崎駿に総合演出を依頼してるんじゃないか」

   さて東京オリンピックではどんな演出がされるのか。ネットでは「週刊ポスト」の記事を受けて「やっぱりAKBしかいないのか?」「いや7年後ならみんなアラサーだし、そもそも解散してないか?」などと盛り上がっている。

   候補として挙がっているのが日本がクールジャパンを世界に発信しているため、歌うバーチャルアイドルの「初音ミク」を3D化させたコンサートや仮面ライダー大集合。アニメではナルトやドラゴンボール、機動戦士ガンダムなどのロボットものがいいのではないか、と主張する人もいる。

   また、アイドルやアーティストではももクロ、サザンオールスターズ、ミスターチルドレン、B'z、北島三郎さんの名前が出ている。

   ロンドンオリンピックは映画を題材にしたものが多かったため、日本はスタジオジブリに任せればいい、と言う意見もある。「宮崎駿に総合演出を依頼してるんじゃないかと邪推した。構想5年で準備とリハ2年。だからこのタイミングで引退した…まぁ考え過ぎか」などと書き込む人もいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中