イプシロン、再挑戦で打ち上げ成功

印刷

   コンピューター制御の不具合で打ち上げが延期されていた新型ロケット「イプシロン」が2013年9月14日、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられた。

   イプシロンは宇宙航空研究開発機構(JAXA)が12年ぶりに開発した国産ロケットで、従来型よりも点検などの人手が省力化され、低コストで打ち上げられるのが特徴。

   8月27日の打ち上げでは機体の姿勢異常を検知し、発射19秒前に自動停止していた。JAXAでは2週間かけて総点検し、9月8日には打ち上げリハーサルも実施。機体を発射台まで移動させ、発射5秒前までの手順を確認していた。

当初は13時45分の打ち上げ予定だったが、直前になって警戒区域に船舶が侵入する恐れがあることが判明したため、15分遅らせて14時に打ち上げられた。発射から1時間後に高度1150キロメートルで人工衛星「SPRINT-A」を分離して軌道に乗せ、打ち上げは成功した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中