文春と新潮が「みのもんた」大バッシング 降板見越して、後任に堀尾アナらの名前が…

印刷

   次男の逮捕で、情報番組の出演自粛を余儀なくされたみのもんたさん。バラエティー番組は今まで通り続けるというが、「週刊文春」と「週刊新潮」は最新号で特集を組み、次男だけでなくみのさん自身の「所業」を厳しく批判した。

   このままでは番組降板、引退も免れないとの論調で、早くも「朝ズバッ!」後任候補にテレビ各局の看板アナウンサーの名前を挙げるメディアも登場している。

親としての自覚、責任感に疑問を投げかける

   「週刊文春」と「週刊新潮」(ともに9月26日号)はいずれも、みのさん次男の逮捕騒動を大きく取り上げた。両誌共に周辺取材をもとに、次男が高校時代に学生服を盗んで停学処分を受けるなど素行に問題があった点を紹介。2006年に日本テレビに入社してからも「上司にタメ口をきいたり、ヤバイ奴だという印象はあった」(文春)、「基本的なあいさつもできず、一切質問もしてこない。仏頂面で、真剣に仕事をしない」と同僚の評価は芳しくないとしている。

   2誌が同じように伝えたエピソードがもうひとつある。次男が9月11日に逮捕された容疑は、8月13日の午前1時過ぎに東京・港区のコンビニエンスストアのATMで、他人のカードで現金を引き出そうとしたというもの。この時、警察から任意同行を求められ、事情聴取を受けたそうだ。

   事実かどうかは不明だが、この日以降、みのさんが次男を連れて東京・銀座の高級クラブで飲み、はしご酒を楽しんだとの証言が掲載されている。「謹慎させるどころか銀座に連れて行って、『あれは誤認だから』という言い訳を聞いていた」(新潮)と書かれていた。

   みのさんは謝罪会見で、「家族とはいえ、もう30歳を過ぎた男、別の人格」としつつも「次男と言う気持ちは切っても切れない」と胸の内を語った。芸能人の間ではみのさんが責任をとる必要はないとの雰囲気が見られ、次男の行動も「誤解では」「本当に盗んだか分からない」と擁護の意見が出ている。

   だが文春は、「次男の人格形成の背景に『みのもんた』という存在が大きく横たわっているのは間違いない」と指摘。親としての自覚、責任感に疑問を投げかけた。

完全引退までは考えていない?

   現在みのさんは「朝ズバッ!」「サタデーずばッと」の出演を見合わせていて、今後については流動的だ。気の早いメディアは、この2番組をみのさんが降板すると見越して「後釜探し」を始めている。9月18日付の夕刊フジは、TBSが「ベテランの局アナを起用して地道に番組を育てる努力をしていかねば、という雰囲気」から、人気の高い安住紳一郎アナが有力だと伝えた。局外に人材を求めるなら、フリーの福澤朗アナも候補だという。日本テレビ出身だが、フリーに転じてからはTBSで昼の情報番組を受け持った実績の持ち主だ。

   文春は「TBS関係者」の話として、「朝ズバッ!」はリニューアルされ、後任候補として元NHKの堀尾正明アナの名前が挙がっていると伝えた。

   レギュラー番組のみならず、特番でもみのさんは起用されるケースが少なくない。夕刊フジは、みのさんが一線を退いた場合は「局が命運をかける番組の顔」とするなら、テレビ局が宮根誠司アナや羽鳥慎一アナといった売れっ子を使うかもしれないと推測。ただ、みのさんは現時点でも日テレの「秘密のケンミンSHOW」は出演を自粛していない。今後、次男がどのような処遇を受けることになるかで状況は変わるだろうが、「完全引退」までは考えているとは思えない。

   みのさんの身の処し方について、J-CASTニュースが2013年9月13日から実施しているワンクリック投票の数は、18日現在で約5000票に上っている。実に6割以上が「テレビ引退して妻供養」を求めた。TBSの情報番組「朝ズバッ!」の降板賛成に投じられた票を合わせると、75%を超える。ネットではみのさんへの風当たりがこれほどまでに強い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中