フクシマ揶揄の仏週刊紙「集団ハラキリも考えたが…」

印刷

   東京五輪開催決定をめぐり、腕や足が3本ある力士など東電福島第1原発事故に絡めて日本を揶揄する風刺画を掲載した仏週刊紙「カナール・アンシェネ」は、2013年9月18日付紙面で、批判に対する反論を掲載した。この風刺画には日本政府からも抗議が寄せられていた。

   同紙は、日本での定期購読者が「51人」しかいないことを明かした上で、そんな紙面をわざわざ日本で紹介した「日本のメディアが悪い」と抗弁する。「集団ハラキリも考えたが、我々に過ちはないので辞めた」などと日本からの批判を皮肉った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中