「奇跡のコメ」を収穫した【岩手・大槌町から】(14)

印刷
稲刈りは晴天の下で行われた=2013年9月24日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地
稲刈りは晴天の下で行われた
=2013年9月24日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地

   岩手県大槌町に、津波に耐え、「奇跡のコメ」と呼ばれる水稲がある。津波で大槌町安渡地区に流れ着いた種もみが、その年の秋に、がれきの中で、3束の稲を自生させた。昨年、5.5キロの種もみが収穫され、今年は、その10倍ものコメが実った。関係者は、「安渡産大槌復興米」として、市場に出荷できる日を夢見ている。


   震災が起きた2011年秋、安渡地区に住んでいた菊池妙さん(72)は、津波で流された自宅玄関脇で、自生している稲を見つけた。安渡地区は漁師町で、水田はほとんどない。津波で、どこからか流れてきた種もみから実ったらしい。


   潮をかぶったせいか、背は低く、やせ細っていた。菊池さんは、このコメを復興のシンボルにできないかと考えた。刈り取って「安渡産大槌復興米」と名付け、150株の苗を作ることに成功した。昨年秋、この苗から5.5キロの種もみを収穫することができた。

収穫を喜ぶ地元やボランティアの人たち=2013年9月24日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地
収穫を喜ぶ地元やボランティアの人たち
=2013年9月24日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地

   今年は、この種もみから育てた苗を、約1000平方メートルの広い田んぼに移して田植えをした。地元の人たちや、被災地を支援している岩手県遠野市の「遠野まごころネット」のボランティアの人たち約30人が、5月25日、素足で田んぼに入り、手植えをした。そして、秋の収穫期を迎えた9月24日、ボランティアや地元の人たちが鎌で刈り取り、はさがけして天日干しした。実ったコメは約500キロ。大半は、来年の作付用種もみとして残すことにしている。


   コメ作りを指導している「遠野まごころネット」の農業鈴木一彦さん(61)は「ブランド化して全国に発信し、復興のシンボルにしたい。稲の品種も調べたい」と話す。

田植えは仮設住宅わきの田んぼを借りて行われた=2013年5月25日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地
田植えは仮設住宅わきの田んぼを借りて行われた
=2013年5月25日、大槌町小鎚の小鎚第5仮設団地

   大槌町の仮設住宅に暮らす菊池さんは、こう語っている。「よくぞここまで育ってくれました。おコメに勇気と希望をもらいました」。菊池さんは、津波に耐えて育った稲に感動して、こんな詩を作った。


お米さん、初めまして。
貴方は何処から流れて来たのですか。
よく無事で、そして、塩害の中
我が家の玄関に生き延びてきましたね。
背は低くやせてこそおりましたが、
その姿は、がれきの中に一際、凛としていましたよ。
言葉にならない感動で、
涙がとめどもなく、こぼれ落ちました。
私は菊池妙と申します。
貴方には復興米と名付けましたよ。
お互いに助かった命を、大切に明るく、
ゆっくりゆっくりでいいのです。
転んでは起き、また、転んでは起き
生きて行きましょうね。
秋には貴方の子孫が黄金の実を付け
生まれます様に、
沢山の方々が努力をしてくださっています。
力強い希望の証を授けてくださって、
ありがとうございました。

(大槌町総合政策課・但木汎)


連載【岩手・大槌町から】
(13) << (14)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中