「韓国の対馬で盗まれた仏像…」 テレ朝アナのうっかり発言でネット大騒動

印刷

   韓国人の窃盗団が長崎・対馬の寺から仏像を盗んだ事件について、韓国内で「返還すべき」との声が上がり始めている。

   2013年9月30日放送のテレビ朝日系「モーニングバード!(モニバド)」でもこの話題が取り上げられたのだが、アナウンサーが「失言」してしまった。

「謝罪しろ!」「許せん」「これがテレ朝の本心」

   仏像盗難問題を取り上げたのは、小松靖アナウンサーが担当するコーナー「ニュースアップ!」でのことだ。

   小松アナは仏像が印刷されたパネルを持ちながら、

「韓国の対馬で盗まれまして、のちに…あっごめんなさい、長崎の対馬で盗まれまして、のちに韓国で発見された仏像…」

と発言した。

   うっかりミスに思えるが、視聴者は黙っていられなかったようだ。ネット上で実況していた人からは、「韓国の対馬だと!?」「モーニングバード何言ってんのコレ?馬鹿なんじゃないの?」「酷い言い間違えw」「謝罪しろ!さらりとながしやがってw」「これはどこの国のテレビ局なんですかね」「長崎県民からすると許せん間違い」など、発言の瞬間から大量に批判が書き込まれた。

   小松アナ本人やテレビ朝日広報のツイッターアカウントあてに、「問題発言ですよ」「おたくのアナウンサーが韓国の対馬と言ったそうですが、それが貴社のお考えですか?」と直接リプライしている人もいる。

   もっとも、うっかり発言はあったものの、モニバドのスタジオでは「今回は当然返還されるべき」という雰囲気で議論がなされていた。小松アナも、韓国文化長官が「国際規約では盗難や略奪による文化財は返還すべきというのが原則で、理性的に規約を順守すべきだ」と発言したことについて、「長官は真っ当なことおっしゃったと我々は思います」と、やはり「返還されるべき」という姿勢を示していた。

(9月30日12時30分追記)小松アナはツイッターで寄せられた意見に対し、「私の不注意で、してはいけない言い間違いをしてしまいました。責任ある立場の人間として、自身の発言には今一度気をつけます。不快に思われた視聴者のみなさまに謝罪いたします。」と謝罪ツイートを投稿した。

インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

【お仕事募集中】「カス丸仕事しろ!」

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中