「何の事件か伏せるけど自業自得」問題投稿の千葉ロッテ選手がツイッターアカウント削除

印刷

   三鷹市の女子高生殺人事件の被害者を誹謗する内容のツイートを投稿したとして問題になった千葉ロッテマリーンズの神戸拓光外野手(28)が、2013年10月22日までにツイッターアカウントを削除した。

   問題のツイートを投稿したのは10月10日朝で、同日夜には「今朝は不適切な発言をしてしまいまして大変申し訳ない事をしてしまった事に気付き深く反省しています。関係する方々に深くお詫び申し上げたいです」と謝罪したが、騒ぎはおさまらず。本人のブログは10月22日現在も批判コメントなどで荒れている。

   球団は10月11日に発表した声明で、詳細な調査の上神戸選手への最終的な処分を決定すること、神戸選手にはそれまで自宅謹慎を申し付けていることを明かしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中