千葉ロッテ「委託したツイッター管理人が勝手にやった」 問題ツイートの神戸選手に「甘い処分」、騒ぎおさまらず

印刷

   三鷹市の女子高生殺人事件の被害者を誹謗する内容のツイートを投稿したとして問題になった千葉ロッテマリーンズの神戸拓光外野手(28)について、球団は2013年10月22日、10月末までの自宅謹慎処分にすると発表した。

   問題ツイートに関しては「委託したTwitter管理人が独自の判断で作成および掲載した」としている。何とも不可解な弁明への反発や「処分が甘い」ということもあり、ネット上ではさらなる非難が巻き起こり、騒ぎはおさまりそうにない。

管理人が作ったツイートを本人が認知していなかった?

   千葉ロッテの公式サイトに、取締役社長・中村家國氏の名前で掲載された発表文は以下の通り。

「弊球団所属の神戸拓光が、10月10日(木)付のTwitterに不適切なコメントを掲載した行為について、球団において調査しましたところ、当該コメントは神戸が委託したTwitter管理人が、本人に内容を報告せずに独自の判断で作成および掲載したものであり、掲載時において神戸はこれを認知していなかったことが確認されました。しかしながら、神戸自身がこの管理人にTwitterの管理を委託している以上、掲載されたコメントについての責任を免れるものではありません。今回発生した問題の重大性に鑑み、神戸については、宮崎フェニックス・リーグへの出場を停止し、本年10月31日(木)まで自宅謹慎することを申し付けました。また、今後同様なことが起こらぬよう、選手のみならず全スタッフに対し、社会人教育を徹底していく所存です。本件につきましては、関係者の皆様に対し、大変申し訳なく、重ねて心よりお詫び申しあげます。」

「夜中に目が覚めたのでツイッター始めました」ブログで報告していた

   神戸選手は以下のコメントを発表している。

「この度、私 神戸拓光は、自分の認識不足、管理不足から、このような重大な事態を引き起こし、関係者の方をはじめ、ファンの皆様、球団、選手、その他多くの方々に多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、深くお詫び申し上げます。これまで、私の状況や考えについてブログに書き連ねてきましたが、ブログに加えてTwitterのコメントまで作ることは難しく、Twitterについては、全てを管理人に任せたまま何らの確認もせず、内容についても把握しておりませんでした。しかし、私の名前で掲載している以上、責任を逃れることはできません。今後については、皆様に自分の姿を見ていただき、ほんの少しずつでも変わったと思っていただけるようにやるしかない、と心に決めています。どの様にお詫びしても済むことではありませんが、今回、ご迷惑をお掛けしたすべての皆様、本当に申し訳ありませんでした。」

   この発表に対し、ネット上では「このコメントはないわあ。いくら選手を守りたいからって、リスクを取らなさすぎだろこれ」「斜め上な調査結果だし、もし事実でもありえんレベル。委託していたのなら委託されていた業者、もしくは本人を出せよ」「素直に謝罪すればすぐ忘れられそうな話なのになんでよりによって最悪な対応しちゃったんや…」などと書き込まれている。「管理人に委託していた」という点に引っかかっている人が多いようだ。

   ちなみに神戸選手のツイッターは10月22日までに削除され、同日13時30分までは確認できたブログも17時までに削除されている。このブログでは9月24日、「3:30に何故か起きてしまいどうにも目が冴えてしまった(中略)この時間を利用して(中略)興味本位でTwitterを始めてみました」と報告していた。ツイッターも本人が更新すると思わせる文面だったが、違ったということなのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中