割り込んできたお年寄り蹴とばす ニコ生でアマ記者が暴走配信、批判が噴出

印刷

   レジの列に割り込んできた年寄りを蹴っ飛ばしてやった――。「ニコニコ生放送」(ニコ生)で日ごろから配信を行っている男性が、自身の不道徳な行為を自慢げに告白した。

   男性は生主(ニコ生配信者)にインタビューする「ブロマガ記者」としても活動しているほか、「ガジェット通信」に記事が取り上げられたこともある。今回の配信内容は多くの人の怒りを買い、批判が噴出している。

「老人蹴っ飛ばしたくらいで」と怒りあらわに

掲載された謝罪文
掲載された謝罪文

   男性は2013年11月3日の配信で、コンビニで起きた「すげぇムカつく」出来事を仏頂面で話し始めた。男性がお酒を買う為にレジに並んでいると、お年寄りが列に割り込んできたという。意図的に割り込んだのか間違えて入ってしまったのかは不明だが、あろうことか男性はこのお年寄りを思い切り蹴っ飛ばしたというのだ。「割り込んでんじゃねえよ!この糞ジジィ!」と罵声も浴びせた。すると後ろにいた30歳前後の男性に羽交い絞めにされ、30分後には警官が到着。個人情報確認の後、厳重注意されたようだ。

   男性は缶チューハイを片手に「なんでさ、老人蹴っ飛ばしたくらいで俺の名前と生年月日と住所と電話番号を書かないといけないわけ?」と不満をあらわにする。生放送の視聴者から批判的なコメントがくると、「俺悪くないでしょう。一個も悪くないじゃん。年寄りが並んでるところを割り込んで来てたんですよ?そこが、俺が怒ってる原因でしょ」と自身の「正当性」を主張する。

   さらに「蹴っ飛ばす」行為は暴力ではないと思うと言い張り、「暴力っていうのは・・・暴力ふるって死んじゃったとか、暴力ふるって包丁で首を切断したとか、手足を切断したとか、死体をコンクリート詰めしたとか、そういうことじゃないの?」と独自の暴力基準を解説。しかし、親による暴力の有無について質問されると「親父に一回殴られたことがあるだけ」と、なぜか殴ることについては、暴行殺人や死体遺棄と同じ「暴力」に位置づけていた。

   男性は「ネタじゃなくて、この世からいなくなってほしいと思ってるくらい年寄りが嫌い」「言葉で言ってもわからない。年寄りは基本的に調子のってるから」「おれ普段人のことけっこう蹴っ飛ばしてるけどね」「すごい納得いかない。今度またあれだなー、道端で老人が真ん中歩いてたら、もう一回蹴っ飛ばしてやろう」などと続け、怒り覚めやらぬまま配信を終えた。

「一般的な感覚とかけ離れていたことが原因」と謝罪

   コメント欄や2ちゃんねるでは「どうしたらこんな風に育つんだよ」「こいつ見かけたら蹴飛ばしてもOKってことだよな」「屑を超えてるな」「あからさまに悪ぶってる種類の奴なんかまだ可愛いな こいつは完全なるサイコパス」などと批判が相次いだ。元動画はすでに削除されているが、コピー動画がいくつも公開され、バッシングはおさまらない。

   こうした批判を受け、男性は11月12日に「ニコニコチャンネル」内で下記の謝罪文を発表した。

「警察官立ち会いのもとでご老人及びコンビニへの謝罪はしております。その上で『被害届は出さない』という旨のご理解をいただきました。このたびは私の軽率な行動、発言によりリスナーの皆様へ不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。私の行動や発言の内容が、あまりにも一般的な感覚とかけ離れていたことが原因であり本当に反省しております(以下、略)」

   しかし、視聴者からは「お前の本質がよーく垣間見れた。テンプレだけの謝罪なんて意味がない」「2ちゃんや動画でさんざん叩かれて焦っただけですよね?40年近くもしていた行動をいきなりやめれるわけ無いでしょ?」「謝罪とかでどうにかなるレベルじゃないがな」と辛辣なコメントが寄せられ、謝罪文もあまり効果を為していないようだ。

   ちなみにこの男性、詩人・谷川俊太郎さんの非公式ホームページの管理人でもある。Googleで「谷川俊太郎」と検索すると、公式サイト(谷川俊太郎.com)ではなく、同ホームページがトップに出てくるほどの有名サイトだという。ところで、谷川さんは現在81歳。年齢でみると男性が忌み嫌っているはずの「お年寄り」なのだが・・・。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中