小笠原諸島・西之島近くに新たな陸地が出現

印刷

   日本気象協会は2013年11月20日、同日の10時20分頃に小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)周辺で噴煙が確認され、島の南東500メートル付近に直径約200メートルの新たな陸上部が確認されたと発表した。西之島では、1973年から74年にかけて周辺海域で噴火が発生し、新島が形成されたことがある。西之島は東京都心から約1000キロ南に位置する南北約650メートル、幅約200メートルの無人島。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中