ペプシ社 「線路に横たわるC・ロナウド人形」を謝罪

印刷

   スウェーデンのペプシ公式フェイスブックページに、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手の人形を使った広告写真が2013年11月19日に掲載され、批判が殺到する騒動があった。

   写真が掲載されたのは、同日行われたワールドカップ欧州予選プレーオフ・セカンドレグ、スウェーデン対ポルトガル戦の前。人形は布製で、ポルトガルのユニフォームを模した赤い衣服をまとい、胸元にはC・ロナウド選手と同じ「7」の番号が付けられている。手足や口をひもで縛られ、線路に横たわり、キャプションには「我々はポルトガルの上を通過する」と書かれていた。また、何本もの針で刺された人形の写真や、頭をペプシコーラの缶で砕かれた写真も公開されていたようだ。

   写真を投稿したのはスウェーデン人と見られているが、写真に「pepsi MAX」のロゴが入っていたため、Facebookページを管理する責任者に批判が集まった。ペプシ社は騒動を受け、写真を削除。「サッカーは刺激と情熱の競技だと思っています。我々はスポーツにネガティブな意味合いを与えたかったわけではありません」として、C・ロナウド選手やポルトガル国民に謝罪した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中