「外人来てほしくない」 赤福、前社長の発言を謝罪

印刷

   三重県伊勢市の老舗和菓子メーカー「赤福」は2013年11月27日、前社長の浜田益嗣氏(76)が伊勢神宮内宮門前にある商店街「おかげ横丁」について「外人は来てほしくない」などと発言した問題について謝罪した。

   浜田氏は26日に津市で開かれたイベントで「おかげ横丁に外人は来てほしくない」と発言したほか、「英語の表記をするような気遣いはしない」とも話していた。赤福は27日、浜田氏の発言は社の方針・見解とはまったく異なるとして、「不適切な発言についてご不快とご迷惑をおかけしましたこと心より深くお詫び申し上げます」との謝罪コメントを公式サイト上で発表した。

   伊勢神宮では今年、20年に1度の式年遷宮が行われ、多くの観光客で賑わっている。1993年に完成した「おかげ横丁」は江戸時代後期から明治時代初期の伊勢路の風情を再現した観光地で、赤福の子会社が運営している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中