広島市長が「2位でいい」と発言 サンフレッチェ広島広報部長が激怒

印刷

   「サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい」。広島市の松井一實市長が広島写真記者クラブの懇親会でこんな発言をしたと、サンフレッチェ広島の広報部長がフェイスブックで怒りを告白したことが波紋を呼んでいる。

   「皆様へ」と題し、森脇豊一郎広報部長は2013年12月3日夜、いきなり告白を始めた。

「優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれる」

波紋を呼ぶ告白
波紋を呼ぶ告白

   そのフェイスブックによると、森脇氏はこの日、マスコミのカメラマンら50人以上が集まる懇親会に参加した。松井一實市長は、来賓として出席し、その場のスピーチではっきりとこう言ったというのだ。

「カープはCS進出に満足せず優勝してください。サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい」

   この発言について、森脇氏は、「たとえ思っていても公の場で発言するのは明らかにおかしい」と疑問を投げかけた。サンフレッチェのチームやサポーターは、優勝を目指して一丸で戦っているとして、「ホームタウンの長である松井市長は、サンフレッチェの優勝を願っておりません」とも批判した。そして、「松井市長の発言を目の前で聞いて、屈辱。怒りで腸が煮え繰り返ると同時に、悲しくて涙が出そうになりました」と結んでいる。

   フェイスブックで告白したことについて、「事実であり、恐らく報道されることはありませんので、シェア、拡散いただき周知ご協力お願いいたします」としている。

   これに対し、広島市の広報課長は、取材に対し、自らもその場におり、松井市長が懇親会でそうした発言を一部でしたのは事実だと認めた。

広島市「面白おかしくユーモアとして話しただけ」

   しかし、本当は頑張ってサンフレッチェ広島に優勝してほしいと思っているとして、年に1回行われる非公式の顔合わせで、面白おかしくユーモアとして話しただけというのだ。

「市長は以前、3回続けて優勝したらスタジアムを作ると発言し、サンフレッチェは現在、2回目に王手がかかっていて、すぐに優勝する可能性があります。スタジアムについては、県と市、経済界が一緒になって、どんなスタジアムがいいか議論しているところです。もしこのまま優勝を続けたら、中途半端にスタジアムが建ってしまうというユーモアで市長が言ったわけで、優勝をしなくていいという趣旨ではなかったと思います」

   ただ、広報課長は、誤解を招く発言だったかもしれないとしている。松井一實市長は、まだコメントを出していないが、「真意が伝わらなかった。本意ではない」と漏らしているという。

   市によると、市民相談センターには、サポーターらから苦情の電話などが2013年12月4日の朝だけで40~50件来ている。

   サンフレッチェ広島は、現在公式戦で2位に付けている。スタジアムについては、サポーターらが市民球場の跡地に作ってほしいと署名活動を行うまでになっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中