キャベツ使い回し拒否は、神経質か否か 「とくダネ!」小倉発言で議論さらに沸騰

印刷

   とんかつ「和幸」でキャベツの使い回しなどとされた問題について、フジテレビ系「とくダネ!」で激しい議論になったことが話題になっている。司会の小倉智昭さんは、神経質すぎるのはどうなのかというのだ。

   和幸の恵亭松屋銀座店などでは、各テーブルに取り放題のキャベツの大皿を置き、量が減っていないときは、水洗いして再び提供していた。

司会の小倉智昭さん「出したり下げたりする方が衛生的」

   その問題が2013年12月2日朝の放送で紹介されると、司会の小倉智昭さんは、「要は、立ち食いそば屋で前に置いてあるネギだとか牛丼屋の紅しょうがとか、それと同じ類のもんでしょう?」と疑問を出した。これに対し、田中大貴アナは、「いや違うと思います」と否定し、「定食などのメニューにも含まれているもの」だと説明した。

   キャベツには、客がはさんで取り分けるためのトングが添えられていたが、田中アナは、おはしで取り分ける客もいるかもしれないと指摘した。しかし、小倉さんは、この点についても、「だって、それはお客さんとお店の信頼関係でしょ」と問題視するほどでないとの見方を示した。

   さらに、小倉さんは、ラーメン店では紅しょうがやラッキョウを朝からずっと置いてあるとして、キャベツについて、「それよりも、1回出したり下げたりする方がよっぽど衛生的だよ」と異論を述べた。

   これに対し、笠井信輔アナは、「これ、私、個人的にはアウトなんですよ」と反論を始めた。笠井アナは、菌や衛生の問題というより気分の問題だというのだ。

「お店に行ったときに元々置いてあるものと、出されたものっていうのは、もうまったく別のものと思う。薬味のように、元々置いてあるものは、皆さん、どうはしをつけようが、覚悟の上で使っている」

笠井信輔アナ「使い回しするなら事前に言うべき」

   そして、笠井信輔アナは、キャベツを使い回しするなら、そうであることを表明してくれていればいいと主張した。「そうでないと、かなり抵抗ありますね」と笠井アナは言う。

   また、番組が街角で50人にアンケート調査したところ、「キャベツを使い回す」ことがいいと答えた人は、わずか3人しかいなかった。この結果について、田中大貴アナは「使い回すというのは、気分的にも衛生的にも無理」という人が多いと説明した。

   しかし、小倉智昭さんは、それでも納得しないというふうに、こう漏らした。

「まあ、でもそうなると、そこまで神経質になっちゃうと、外食するのが大変だよねえ」

   そして、今回、問題になったとしてもあまり気にしないといい、「僕は、それでも和幸のとんかつ好きだから行くけどね」とも付け加えた。

   「とくダネ!」での議論については、ネット上では、小倉さんの考え方に批判的なものが多い。「捨てるのもったいないじゃんw」といった声もあるものの、「さすがに食べ物に関して、そこまで無神経にはなれないね」「使い回しは料理価格の一部、2重取りになるのでは?」「金払って食べるものと勝手にどうぞって物じゃやっぱ違うでしょ」といった疑問が次々に出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中