11月の中国乗用車販売、前年比14.9%増 日本車も好調

印刷

   中国乗用車協会(CPCA)によると、2013年11月の中国の乗用車販売台数は前年同月比14.9%増加した。中国のチャイナ・デーリーが12月7日に伝えた。1~11月の乗用車販売台数は前年同期比17.1%増の1540万台となり、通年では少なくとも前年に比べて15%の増加が見込まれている。

   一方、中国に進出する日本の自動車メーカー6社が12月9日までにまとめた11月の新車販売台数は、5社が前年同月比40%増から3.5倍の大幅増になった。前年の尖閣問題での減少に伴う反動がある。中国の防空識別圏(ADIZ)設定による影響は、現時点ではないようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中