「きゃべっしー」騒動コンビ謝罪 ふなっしーの楽屋訪れるも「不在」だった!

印刷

   「ふなっしー」のパロディ「きゃべっしー」で話題になったお笑いコンビ「キャベツ確認中」が2013年12月17日、騒動を謝罪した。

   「キャベツ確認中」は11月25日、コンビ名にちなんで千葉県銚子市の「銚子キャベツ大使」に任命された。その委嘱状の交付式で、コンビの1人が「ふなっしーの妹」という設定でつくった黄緑色の着ぐるみ「きゃべっしー」として登場。「無断でふなっしーの妹になっているのではないか」などと苦情が相次ぎ、12月4日に市が公式サイトに謝罪文を掲載していた。

「気まぐれサラダとして天命を全う」

しまぞうさんはツイッターで謝罪
しまぞうさんはツイッターで謝罪

   「キャベツ確認中」はしまぞうさん(35)とキャプテン☆ザコさん(37)のコンビ。しまぞうさんは17日夕方、

【ご報告】 この度は、ご心配ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。きゃべっしーは、シェフの手によりお料理され、気まぐれサラダとして天命を全うしました。今後とも応援よろしくお願いいたします。

とツイッターで謝罪した。また、キャプテン☆ザコさんも、

ツイート復活させてもらいました!お騒がせしましていろいろすんません。それではまた宜しくお願いします。

と、ツイッターで謝罪した。

   またしまぞうさんは18日未明、ネットサービス「Twitcasting(ツイキャス)」を使ったラジオ番組「しまキャス」で、騒動の顛末を告白した。「しまキャス」は、騒動以来更新を中止していた。5日以来、13日ぶりの再開となり、「諸事情により(休止していた)」を連呼。「自分のまいた種」だとしながらも、「きゃべっしー」はサラダになったと強調した。

   謝罪ツイートには事務所のチェックが入ったらしく、本来は「きゃべっしーはシェフの手により『千切り』にされ、気まぐれサラダとして天命を全うしました」との謝罪文を提案していたという。しかし、「残酷すぎる」として「お料理され」に変更された。しまぞうさんは「キャベツだから千切りやん」と思ったが、これ以上言うと「また謹慎になってしまう」からと言葉を濁している。

   また17日にしまぞうさんが「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「細かすぎて伝わらないモノマネ」オーディションに参加するためにフジテレビを訪れた際、「ふなっしー」の楽屋を見つけたとのエピソードを紹介。謝罪のために訪問したが、残念ながら不在だったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中