田母神俊雄氏が都知事立候補表明 選対本部長は「チャンネル桜」水島氏

印刷

   航空自衛隊の元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)は2014年1月7日、都内で記者会見し、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選挙(1月23日告示、2月9日投開票)に無所属で出馬すると正式に表明した。日本維新の会共同代表の石原慎太郎元都知事が個人的に支援することも明らかにした。選挙対策本部長は水島総氏が「日本文化チャンネル桜」社長を辞任して務める。

   田母神氏は2020年の東京五輪に向けて「東京の強靭化対策」を固めたいとし、自衛隊を中心とした災害救助体制を作るべきだと主張。「自衛隊の経験を持つ私は極めて適切な都知事ではないかと思っている」とした。

   都知事選には、前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(67)がすでに立候補を表明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中