深刻大気汚染を「自然災害」と認定 中国政府発表にネット民が激怒

印刷

   微小粒子状物質「PM2.5」などによる中国の大気汚染問題が深刻化の一途をたどっている。2013年9月には北京、12月には上海でも大気汚染指数が300を超え、「最も深刻なレベル」として市民に外出を控えるよう呼びかけられたほどだ。

   そんな中、大気汚染問題を「自然災害」と認定する中国政府の発表があった。中国ネットユーザーは大激怒、「人災に決まってるだろうが!」と政府批判が巻き起こっている。

「明らかに人災」「無責任!恥知らずめ」

   国営通信社「中国新聞社」の記事などによると、中国民政部は2014年1月4日、13年に発生した地震、台風など自然災害の被害状況を発表した。死者は1851人、行方不明は433人だという。

   政府は今回初めて、有害物質を含む濃霧も「自然災害」に認定した。8月以外すべての月で過去最多の発生日数で、1~3月、9~12月が特に厳しかったとしている。

   この発表が複数のメディアで報じられると、中国のミニブログ「新浪微博(シナウェイボー)」に政府批判の書き込みが相次いだ。「これは明らかに人災。自然災害だなんて何考えてんだ?」「人間が作った自動車や化学工場の排気が自然災害だっていうのか?」「なんて無責任なんだ!人間のせいで自然を汚しておいて、恥知らずめ」など、「自然災害認定」に怒った人が多かった。

「自然災害認定に反対」が87%

   そもそも中国の有害濃霧問題は、自動車の排ガスや、発電所や工場、家庭で燃料として使われる石炭が主な原因として考えられている。もちろんこれらによって起こる大気汚染は自然災害とは呼ばない。

   中国共産党中央委員会の機関紙「人民日報」が運営する人民網のミニブログ「人民微博」では、「有害濃霧を自然災害とすることに賛成ですか?」というアンケートを行っているが、1月8日17時30分現在、賛成が13%、反対が87%と圧倒的な差が付いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中