国際テロ資料流出 都に9000万円の賠償命令

印刷

   国際テロ捜査に関する警視庁や警察庁の内部資料がインターネット上に流出し、個人情報をさらされたイスラム教徒17人が東京都と国に約1億8700万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は2014年1月15日、東京都に約9000万円の賠償を命じた。

   東京地裁は「警視庁の情報管理体制が不十分だったために流出した」と認定し、「イスラム教徒らの名誉を傷つけた」との結論を下した。

   各報道によると、情報流出が起きたのは2010年10月で、原告17人を含むイスラム教徒や在日イスラム社会の監視記録などの文書ファイル計114点が、ファイル交換サイト「ウィニー」を通じてネット上に流出した。イスラム教徒の氏名や勤務先、交友関係などの情報が含まれていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中