経営コンサルタント・船井幸雄氏が死去 船井総研創業者

印刷

   経営コンサルタントで船井総合研究所の創業者である船井幸雄氏が亡くなった。J-CASTニュースの取材に対して船井総合研究所が「事実」と認めた。81歳だった。詳細は23日に公表するという。

   仕事や人生について説く著書が多数あり経営者などのファンも多く、船井氏の訃報にツイッターやフェイスブックでは悲しむ声が多数あがっている。

舌が勝手に動く「ジスキネジア」

   船井氏は1956年に京都大学農学部の農林経済学科を卒業し、日本マネジメント協会を経て、1970年日本マーケティングセンターを設立した。1985年に船井総合研究所に社名変更して、1988年には経営コンサルタント業界で初となる上場を果たした。2003年に役員を退任してからは、船井総合研究所、船井財産コンサルタンツ、本物研究所、船井メディアなどで最高顧問をつとめていた。

   出版した著書の数は400冊を超え、企業経営者でもファンを公言する人が多い。講演会では、「百匹目の猿現象」を起こすことを提唱していた。「『いい世の中をつくりたい』という思いを共有する仲間が集まれば、社会や世界をもっと良い方向へ変えていくことができる」というビジョンで、そう考える人数が一定数を超えると「一気に世界中に広がるのではないか」と考えていたという。

   死因はまだ明らかにされていないが、船井氏は生前に舌が勝手に動く「ジスキネジア」に悩まされ、ベッドに寝た切りになっていることをウェブサイトで公開していた。「よだれ」が止まらない、「声」が出ない、「嚥下(えんげ)ができない」「喰べにくい」と言い、2013年7月には「このようにして病人である私は、いつ死が来てもよいと思うようになりました」とまでつづっていた。ここ数か月は船井氏による更新が滞り、息子の勝仁氏が代わりに執筆することが多かった。

   本物研究所が運営していた船井氏のオフィシャルフェイスブックには訃報を受けて、

「船井先生、長い間ご指導ありがとうございました。心からご冥福をお祈り致します。また、来世でお会いしましょう」
「先生のお言葉に、いつも感動し、励まされてきました。先生の訃報が信じられませんが…、心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

などの追悼のコメントが寄せられている。

   また、書道家の武田双雲さんはツイッターで「船井幸雄さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします」と述べ、船井氏の言葉を引用したツイートを行った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中