ホリエモンなぜ「iPhone」持ち上げるのか Androidこき下ろしにユーザー反発

印刷

   ホリエモンこと堀江貴文さんがAndroid搭載のスマートフォンに対して、批判的な意見を述べてネット上で話題になっている。愛用するiPhoneと比べると使いづらいと言い、「iPhone以外は実質的にスマホじゃ無い」という発言まで飛び出した。

   日本に登場した当初よりAndroidの操作性は格段に向上したこともあり、ホリエモンの意見にAndroidユーザーは「何年前の話だ」と反発している。

「Androidはスマホもどき」

堀江貴文さん(2013年3月撮影)
堀江貴文さん(2013年3月撮影)

   ホリエモンは2014年1月24日、IDC Japanが実施した調査結果の日本でのスマートフォン普及率49.8%という数値に「スマホ後進国。。。」とツイッターで言及し、スマートフォンについて語り始めた。

   「日本のガラケーが高性能過ぎるだけ」というフォロワーからの反応に「スマホに比べたら全然ダメ」と反論し、スマホは高齢者が操作を覚えられないという意見には、「大変じゃないのに大変って思いこんでんだよな」と切り捨てた。「iPhone なんてマニュアルなしでもサクサク使えるのに」と、その使いやすさを強調している。

   そこからAndroidに対する批判が展開され、

「iPhone以外は実質的にスマホじゃ無いんだってば。似てるだけ」
「iPhone とその他スマホは全然違うからね。Androidはスマホもどきと言ったほうが正しいかも」

などとこきおろした。

   これまでにもホリエモンはAndroid批判を繰り広げていて、2013年7月に公開されたYouTubeのインタビュー番組でも同様の発言をしている。所有するサムスン電子のGalaxyを見せつつ、Androidについて

「開発が結構早くて、承認が出るのが早いんだろうね。Lineの着せ替え機能も出たのが早かったし。こっちのほうがiOSより一週間か二週間ぐらい早くて」

と、開発面で評価する一方で、

「こんなの使わなくていいんなら使いたくない。(アプリが)落ちたりとか操作性も最悪だし、どうしようもねえなみたいな」

と散々に言っていた。

「アップル信者」ではないと発言

   2ちゃんねるではホリエモンの意見に対して、

「何年前の話だ 」「収監前はそうだったかも」「どっちもスマホだろ」「昔のカクカクAndroidは確かに使いづらかったけど、今のはそうでもないよね」

といった批判が相次いだ。

   しかし、Galaxyの最新型を使用した感想が「超使いにくい」というもので、「使っててイライラ」「かゆいところに手が届く感じが全然ない」と不満が大きいようだ。Androidは自分でカスタマイズすると使いやすくなると指摘されると、それには理解を示しつつも、面倒であると言っている。

   「アップル信者」だから高評価なのではとの意見には、「信者じゃないな。2002年からiPhone 出るまでApple製品使ってなかった」と、純粋に機能面だけで判断していることを強調していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中