次長課長・河本、ツイッター1年ぶり更新 ナマポ騒動で休止していた

印刷

   お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(38)が2014年1月29日、約1年ぶりにツイッターを更新した。

   河本さんのツイッターは約42万のフォロワー(現在は約38万)を持つ人気アカウントだったが、実母の生活保護受給問題以来更新が減り、13年1月17日を最後に途絶えていた。

「しばらくTwitter上では寝てたなぁ」

「もう少し寝ます」とツイート
「もう少し寝ます」とツイート

   河本さんは10年4月からツイッターをはじめ、詩人の相田みつをさんにあやかった「じゅんを。」の末尾で終えるツイートで人気を博した。しかし12年5月、実母の生活保護受給騒動を受けて一時休止し、同年12月ごろから再開したが、13年1月にツイッター終了を宣言した。

   ツイッターの更新は13年1月17日、

「楽しいと思って始めたツイッターなんですが、個人的に楽しくなくなっちゃったんで辞めようかなと思います。応援してくれた人ほんますんません。また、楽しめると思ったら始めましょうかなぁ。さようなら」
「すまん!つぶやく行為が無くなって来たからやめる!」

と発言した所で止まっていた。その直前まで河本さんのもとには、生活保護問題についての批判、中傷のコメントが寄せられていたため、それらに対する「ツイッター疲れ」だったのではとの声もあった。

   1年ぶりとなった14年1月29日のツイートは、

「しばらくTwitter上では寝てたなぁ。Twitterはもう少し寝ます。フェイスでは起きてますなぁ。見たい方こちらどうぞなぁ」

というもの。当面ツイッターの更新はしないが、フェイスブックでの投稿は頻繁に行うといい、フェイスブックのアカウントへと誘導している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中