ゴーストライター新垣氏「どうみても良い人」「悪意を感じない」 ネットで同情や応援の声広がる

印刷

   「全ろうの作曲家」佐村河内守さん(50)のゴーストライターとして作曲を続けてきた桐朋学園大非常勤講師の新垣隆さん(43)に対し、インターネット上では同情の声が寄せられている。

   新垣さんが記者会見で語った内容などからは単純に「悪者」と言い切れない部分もあり、「どうみても、新垣さん良い人やし正直者」「応援したい」といった声が相次いでいる。

「これ以上、自分の好きな音楽で世間を欺きたくない」

記者会見に臨んだ新垣隆さん
記者会見に臨んだ新垣隆さん

   「私は、佐村河内さんの共犯者です。申し訳ございませんでした」――。新垣さんは2014年2月6日、東京都内のホテルで記者会見を開き、謝罪した。「影武者」となり、18年にわたり20曲以上を作曲、報酬として700万円前後を受け取っていたというが、心の中には佐村河内氏との関係がバレてしまうことに対する不安や、これ以上自分の好きな音楽で世間を欺きたくないという葛藤があったことを打ち明けた。

   昨年には佐村河内さんに「やめたい」と伝えたが聞き入れてもらなかったという。それどころか「曲を書いてくれないと私は自殺する」と脅迫じみたことまで言われたそうだ。「暴露」に踏み切ったのは、ソチ五輪でフィギュアスケートの高橋大輔選手が自身の作った曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」を使うことが分かったためだ。

   「このままでは高橋選手までも彼と私の嘘を強化する材料になってしまう」と考え、公表すべきか迷ったものの「事実を知ったうえで堂々と五輪を戦っていただきたい」と思い、告白するに至った。会見では言葉を選びながら淡々と話を進める様子が印象的で、佐村河内さんを批判するようなこともなかった。

   新垣さんの会見は注目を集めた。張本人の佐村河内さんは表舞台に姿を現していないため、真相のすべてが明らかになっているわけではないが、インターネット上では新垣さんに同情する声が少なくない。「新垣氏は偉い。非難するよりも同情したい。苦悩は大きかったろう」「なんでゴーストライターやってたほうが謝ってるの。やらせてたほうが土下座しないといかんと思うのだが」「新垣さんからまったく悪意を感じない」「会見見れば見るほど新垣さん応援したくなる」「苦しみが少しずつ癒されていくことを切望する」といった意見がいくつも投稿されている。

渋谷慶一郎氏「俗世の欲のようなものからは果てしなく遠い人」

   また、音楽家の渋谷慶一郎さんは新垣さんと古い知り合いだといい、ツイッター上で「彼は俗世の欲のようなものからは果てしなく遠い人物なので、この件も最初は普通に仕事として受けていたのでしょう。それ自体には全く何の罪もないし、現代音楽の作曲家の需要として存在する類いの仕事です」と擁護している。また、今回の一連の騒動については「恐らく佐村河内なる作曲家とその周辺の人間によるビジネスプロジェクトだったんだろうな」と推測した。

   だが一方で厳しい意見を展開するテレビ番組もあり、7日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)では坂上忍さん、遠野なぎこさんら出演者陣が口々に意見した。「新垣氏に同情の余地があるかないか」をテーマに掲げたコーナーだったのだが、「高橋大輔選手の気持ちになったら、(発表のタイミングは)今じゃないでしょ」、「大人がプロとしてゴーストをやっていたならゴーストに徹するべき」「罪悪感じゃなくて欲ですよね。お金だと思う」などと批判的な意見が目立っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中