森喜朗氏「外国語はかつて敵国語」 ソチで語学力問われ

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が2014年2月9日、ロシア・ソチで記者会見を開いた。

   森喜朗会長(76)が日本語で話したことで、語学力が乏しいのではないかと外国人記者から厳しい質問を受けたが、森会長は「私の世代はよほど特別に勉強した方じゃないと外国語をよく理解しない。かつては敵国語で、外国とは付き合いもなかった」と答えた。

   共同通信の報道によると、出席した外国人記者からは「敵国語とは不快な表現だ」「ジョークだと言えば笑い話で済んだが、そうではなかった」と戸惑いの声が上がったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中