各地で積雪による事故相次ぐ 駅ホームやアーケードの屋根が崩れ落ちる

印刷

   2014年2月14日からの記録的な大雪に見舞われた首都圏では、15日以降も各地で大きな被害が相次いだ。

   横浜市では積雪により駅ホームの屋根が崩落。山梨県では道路が寸断され「陸の孤島」と化すなど、16日も影響が続いている。死者やけが人も多数出ている。

明け方からの雨で重たい雪に

   15日7時ごろ、横浜市青葉区の東急こどもの国駅で、ホームの屋根が約40メートルにわたって崩落した。ホームで電車を待っていた男性が逃げる時に鉄製の柱に鼻をぶつけて軽傷を負った。前日から降り積もった雪の重みに耐えきれなかったことが原因と見られ、同日終電までの上下104本が運休となった。

   東急電鉄は会見で、「降雪に雨が含まれ、その重みで落下したと推測している」と説明した。15日明け方からの雨によって、湿った重たい雪になったことが影響したとみている。

   積雪による被害は、ほかでもあった。東京八王子市では商店街のアーケードの屋根が約26メートルにわたって崩れ落ちた。また、埼玉県富士見市の市民総合体育館は屋根が崩落。同県加須市の民家では2階ベランダのトタン屋根が崩れ落ち、67歳の女性が下敷きとなって死亡した。いずれも雪の重みによるものだとみられている。

道路が寸断された山梨は「陸の孤島」

   山梨県では15日に観測史上最高となる1メートル14センチの積雪を記録した。16日正午現在もJR中央本線など電車は運休し、中央自動車道など県内の高速道路もいたるところで通行止めとなっている。

   車の立ち往生も相次いだ。富士河口湖の西湖付近では観光バスが身動きできなくなった。陸上自衛隊のヘリが向かい、乗客19人が救助された。

   15日朝、同じく富士河口湖の県道では倒れている56歳の女性が発見された。救助隊により病院に搬送されたがまもなく死亡が確認、死因は凍死とみられている。報道によると、女性は帰宅途中に車が立ち往生し、徒歩で帰ろうとする途中で死亡したと県警はみている。

   共同通信の16日2時現在のまとめによると、雪による事故などの死亡者数は14日の降り始めから全国で11人。けが人は1000人を超えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中