NHK、外国籍職員は0.2% 衆院予算委で籾井会長

印刷

   NHKの籾井勝人会長は2014年2月14日、NHKに在籍する外国籍職員は22人で、全体の0.2%程度だと明かした。衆院予算委員会での日本維新の会・三宅博衆院議員の質問に対する答弁。

   籾井会長は「人物本位の採用により、公共放送を支える多様な人材を確保し、なおかつ確保しようとしております」と発言。国籍を理由とした差別的な取り扱いは、職業安定法で禁止されているため、職員募集時には国籍不問としていると説明した。

   なおNHK採用情報サイトのQ&Aコーナーでは「外国籍だが受験できるのか?」の問いに、「応募資格において国籍は問いません。ただし、すべての選考試験を日本語で受験していただくことになります」と答えている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中