テレビ局で一番お金を使っているのはNHK 番組制作費1本80万円から3800万円?

印刷

   バラエティなど似たり寄ったりの番組が増え、ネット上で「テレビがつまらなくなった」との声が増えている。それは、テレビ局のテレビ離れが理由らしい。

   かつて「ひな壇タレント」という手法が、テレビ界を席巻した。スタジオにお笑い芸人らを並べ、自らのプライベートなどをネタに大騒ぎをする。

経費削減の次は、スポンサーの一本釣り

   その理由は、経費削減効果がてきめんだからだ。テレビ不況の中で、お金のかかるロケや台本作りなどをせずに済み、番組を安く上げることができる。ところが、最近は、それすらもリストラの対象になっているという。

   代わって増えてきたのは、司会者1、2人が毒舌芸で番組を切り盛りするバラエティなどだ。イメージで言えば、マツコ・デラックスさん(41)や有吉弘行さん(39)らだ。出演するタレントを絞れるほか、大物芸人らとは違って、ギャラも安いからだとされている。

   テレビ局が経費削減に続いて、目を付けたのが予算増加の策だ。

   スポンサー候補を狙って、「人気商品ランキング」などでの番組参加を呼びかける。うまくいけば、別の番組でスポンサーになってもらえるわけだ。もちろん、企業の裏側などを暴けるはずもなく、必然的に「つまらない」番組になる恐れもある。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、こうした番組が増えてきた背景には、テレビ局が番組を制作せず、制作会社などに丸投げするようになってきているからではないかと指摘する。つまり、番組の内容よりも、いかに利益を上げるかに関心が移っているということだ。今のテレビ局は、本業よりドラマのDVD化や映画などサイドビジネスに力を入れているとも言う。

「最近のNHKは、バラエティ色が強くなっている」

   これに対して、一定の視聴料収入が得られるNHKについては、肥留間正明さんは、ドラマなどで民放テレビより面白い番組が多いとする。

「民放が1人で月に番組1本を制作すると考えると、NHKは4人で1本を制作しているような状況です。世界最大の放送局として、一番お金を使っているのがNHKですよ。制作会社に番組を作らせているといっても、それはNHKの子会社なんですね」

   NHKの籾井勝人会長は、2014年2月20日の衆院予算委で、「NHKスペシャル」や「クローズアップ現代」の番組制作費について、80万円から3800万円と幅をもたせて答弁した。このことについて、肥留間さんは、NHKは潤沢に制作費を使っているはずだとして、「80万円なんかあるわけがありませんよ」と否定的だ。籾井会長は、視聴者の反応を気にして最低額を安く見積もった可能性があるようだ。

   受信料対策は、NHKにとっては命綱らしい。「最近のNHKの番組が、バラエティ色が強くなって民放化しているのは、そのためですね」と肥留間さんは言う。とすると、NHKも、「つまらなくなった」民放テレビと同じ道をたどる恐れはありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中