河野談話「すり合わせ」疑惑「検証することが大事」 菅官房長官

印刷
会見に臨む菅義偉官房長官
会見に臨む菅義偉官房長官

   菅義偉官房長官は2014年2月28日午後の定例会見で、いわゆる従軍慰安婦の連行に関する強制性を認めたとされる1993年の河野談話について、

「(談話の根拠となった)慰安婦の聞き取り調査は非公開を前提に行っており、日本政府は約束は守るべき。ただ、(談話発表前の日韓政府間の)すり合わせとか、そうしたものについては実際あったかどうかについて、検証することが大事」

と述べ、検証作業を進める考えを改めて強調した。

「元慰安婦の方の証言の信ぴょう性に踏み込む考えはあるのか」

との問いには

「ある意味で当たり前のこと」

と答えた。

   菅氏はこれに先立つ衆院予算委員会で、政府の中に検討チームを立ち上げる考えを明らかにしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中