安倍首相が震災3年で会見 常磐道全通前倒しを表明

印刷

   安倍晋三首相は2014年3月10日夕方、東日本大震災の発生から丸3年を前に首相官邸で会見し、常磐自動車道を15年の大型連休までに全線開通させる意向を表明した。

   福島県東部の浜通り地方へのアクセスを改善し、復興を加速させる考え。

全通は16年度以降にずれ込むとみられていた

記者会見に臨む安倍晋三首相。国旗には喪章がついている
記者会見に臨む安倍晋三首相。国旗には喪章がついている

   常磐道では、震災が原因の通行止めはすでに解消されており、東京から常磐富岡インターチェンジ(福島県双葉郡富岡町)まで開通している。工事が進んでいる山元-相馬間(24キロ)と南相馬-浪江間(32キロ)が完成すれば、東北自動車道に続く首都圏-仙台圏を結ぶ動脈ができることになる。

   安倍首相は、

「原発事故で大きな被害を受けた福島の浜通り地方を南北に貫く常磐自動車道の完成は、復興の起爆剤になるはず」

として、15年3月だった仙台-浪江間の開通予定を14年中に前倒す考えを明らかにした。16年度以降にずれこむとみられていた全線開通も15年の大型連休直前に前倒す。

   13年度いっぱいで打ち切られる予定だった避難者に対する高速道路の通行無料措置も継続する。

「毎日官邸で福島産のお米食べてパワーもらっている」

   2020年に予定されている東京五輪については、

「その準備が復興の障害になってはならない。復興に必要な人や資材の確保に、国が先頭に立って引き続き万全を期すことは言うまでもない。むしろ、東北が復興の成し遂げた姿を世界に発信する機会にしなければならない」

と話し、被災地の小学生を五輪に招待する意向を明らかにした。

   被災地産の作物については、

「国会審議が連日続いているが、その合間に毎日官邸で福島産のお米を食べてパワーをもらっている」

と述べ、風評被害払拭への取り組みをアピールした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中