上野千鶴子さんの講演中止を撤回 山梨市民会館で開催

印刷

   山梨市は中止を発表していた社会学者の上野千鶴子さんの講演を予定通り2014年3月18日に開催すると3月17日に公式ホームページで発表した。「講師としてふさわしくない」などといった意見が寄せられたため3月14日に中止を決めたが、上野さんがブログで抗議し、参加希望者も中止はおかしいなどと反発していた。

   上野さんは「ひとりでも最期まで在宅で」というタイトルの講演会を予定し164人の参加希望があったが、市の公費を使ってまで講演公演をお願いするような人物ではない、などといった意見が10件ほど寄せられたため市は公演の中止を決めた。過去に上野さんが朝日新聞で回答した若者の性に関する人生相談が不適切であり、また著書のタイトル「セクシィ・ギャルの大研究」「スカートの下の劇場」などが問題視された。上野さんは3月15日に自身のブログで「過剰な自主規制です」などと反論し、参加希望者からも予定通り講演をしてほしいといった意見が寄せられた。

   講演会は予定通り14年3月18日午後7時から山梨市民会館で行われる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中