8億借金、渡辺喜美氏購入の「大きな熊手」 高価なものでも一本10万円程度なのだが… 

印刷

   みんなの党の渡辺喜美代表が化粧品会社DHCの吉田嘉明会長から計8億円借りた問題で、借入金の使い道は政治資金や選挙資金ではなく、個人的な支出としたうえで、一例として酉の市での熊手購入を挙げた。

   縁起物として買われる熊手に8億円の使途と言えるほど高価なものはあるのか、聞いてみた。

「特注熊手、何億するんだよww」

「大きな熊手」を買った渡辺喜美氏(10年3月撮影)
「大きな熊手」を買った渡辺喜美氏(10年3月撮影)

   「週刊新潮」4月3日号で報じられた借金について渡辺氏は2014年3月27日、吉田会長から2010年に年の3億円、12年に5億円の計8億円を借りたと会見で説明した。約5億5000万円が未返済で「お騒がせしたことは深くおわびする」と陳謝したが、「個人的な借金」であり違法性はないと主張している。使い道としては交際費や旅費などに加えて、「酉の市でかなり大きな熊手」を買ったことも挙げた。

   熊手は「福をかきこむ」という意味がこめられ、商売繁盛などの縁起物として酉の市で販売される。

   ネットでは、

「特注熊手、何億するんだよww」
「8億円の熊手(笑) 純金で出来てる?(笑)」
「何でもう少しマシな言い訳思いつかなかったんだろう…」
「猪瀬氏のカバンよりも衝撃的である」

などと笑われている。

   熊手の製造・販売を手掛ける面亀(埼玉県所沢市)の担当者によると、1万円前後を購入する客が多く、会社の業績が上がったときなどに奮発して5~6万円するものを買う人がたまにいるぐらい。大きいものだと高さ3メートルぐらいあるが、10万円ほどの商品がもっとも高価な部類だという。 通常しめ縄を1本使うところを10本使ったり、手作りおみこしや、焼き物、七福神を入れたりする。

   100万円以上するような熊手は一般的に「存在しない」と話していた。仮に、8億円を10万円の熊手だけで使い切ろうとすると、単純計算で8000本も買う必要がある。

元みんなの党議員「熊手か。。」

   2013年8月にみんなの党を離党した柿沢未途衆院議員はツイッターで、「熊手か。。」とつぶやき、「そもそも政党の資金管理を預かるのは通常は幹事長で、代表が一人で握るという事自体が不透明かつ問題があった」と指摘した。

   一方、みんなの党の松田公太参院議員はブログに「私も、みんなの党の国会議員一同も、渡辺代表を信じていますし、今回のことが問題に繋がることはないと思っています」と述べた。

「本当にそんな事で政党の代表を貶めるような、あえてスキャンダラスに書いた手記を、大企業のトップが出すでしょうか。つまり、その後ろで、気味の悪い笑みを浮かべてこそこそ動いている策士がいるのは間違いないのです。このタイミングで、このネタを無理にでも出したかった人たちがいるのです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中