消費増税で映画料金、一部値上げ いくらなら観に行きたいと思うのか

印刷

   2014年4月1日からの消費税増税にともない、映画各社の鑑賞料金も一部値上げが実施される。東宝、東映、松竹、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマで、大人1800円、大学生1500円などの通常入場料金は変わらないが、女性限定の割引「レディースデー」や毎月1日の「ファーストデー」、60歳以上の観客が対象の「シニア割引」など、これまで1000円だった割引プランが1100円になる。

   日本の映画料金は世界各国と比べてもかなり高額と言われ、「割引料金まで値上げになるのかよ!」とネット上で悲鳴が上がる中、「今よりも映画を観に行こうと思える金額」というアンケートの結果が明らかになった。

「901~1000円なら映画観に行きたい」が約4割

いくらなら納得できる?(写真はイメージ)
いくらなら納得できる?(写真はイメージ)

   アンケートを実施したのは女性向け情報サイト「マイナビウーマン」だ。14年3月5日から13日までに、読者554人から回答を得た。

   「今よりも映画を観に行こうと思える金額を教えてください」という質問に対し、「901~1000円」と答えた人が最も多く37.1%。2位が「301~500円」(14.2%)で、「501~700円」(13.2%)、「1~300円」(9.9%)、「701~800円」(9.0%)と続いた。

   この結果に対し、ネット上では「1000円未満だともっと行く気になると思います。今の金額だとレンタルですね」「千円ならいいな。交通費こみで2000円なら気楽にいける」「理想を言えば500円」などと書き込まれている。やはり現在の映画料金を高いと感じている人は少なくないようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中