香港の大学でSTAP細胞の作成に成功?? ネットで「理研は小保方に謝れ!」騒ぎになったが誤報だった

印刷

   「香港の研究チームがSTAP細胞の作成に成功した」――そんなニュースが2014年4月1日、理研が小保方晴子・ユニットリーダーの論文は故意による「改ざん」「捏造」だったとの最終調査報告したのと時を同じくして流れた。

   ところが、この「STAP細胞に成功」の記事はやがて訂正されることになる。いったい何が起きたのか。

STAP細胞を生成するため3日かけて培養した

   英Guardian紙やThe Scientist誌といった海外メディアが14年4月1日、香港中文大学のケネス・リー教授の研究グループがSTAP細胞の作成に成功した、などとウエブで流した。小保方リーダーの論文を参考にするとともにバカンティ教授に直接指示を仰ぎ、3日間細胞を培養した結果生成に成功することができた、培養は小保方リーダーが使った「酸処理」ではなく、もっと有効的な溶液があった、などと報じるメディアもあった。詳しいことは研究論文をまとめて学会誌で発表するのだという。そしてリー教授がウエブ上に公開した喜びのコメント、

「私は衝撃で言葉を失ってしまった。STAP細胞を生成するため3日かけて培養したその結果に驚いてしまったのだ。そして夢は続いていくのだ」

を掲載するメディアもあった。ただし、こうしたコメントに「STAP細胞の作成に成功」という表現は無い。リー教授に対し「4月1日はエイプリルフールだから冗談のつもりか?」と質問するメディアもあったが、リー教授は「違う」と答えたという。そして続報として出たのが、STAP細胞はどこにあるのかと尋ねたところ「これから更なる研究が必要だ」というものだった。4月2日からリー教授に関する一連の報道は訂正されることになった。

「時間の無駄です。STAP細胞は存在しないと思います」

   日本でもSTAP細胞が生成されたというニュースは大きな衝撃となり、ネットでは「小保方は正しかったじゃないか」「小保方をバッシングした奴は謝罪しろ!」などとマスコミや理研への批判が相次ぐことになったが、実は、全くのデマだったということが分かってしまった。14年4月2日放送のTBS系「NEWS23」が香港に取材の電話を入れると、リー教授の研究チームスタッフだという女性が、

「小保方さんの実験方法ではSTAP細胞は再現できませんでした。他の人がやっても時間の無駄です。STAP細胞は存在しないと思います」

と答えた。いったい何がどうなっているのか。翌日3日放送のテレビ朝日系「モーニングバード」とフジテレビ系「とくダネ!」はリー教授に直接電話で話を聞いた。リー教授は、STAP細胞の生成に成功したとか存在しているとか言ったことはない、と完全否定し、

「実験結果を報告しただけで、それがSTAP細胞だと勘違いされてしまった。STAP細胞に関しては、実験を始めて3日後に細胞は死んでしまい失敗してしまいました。できた細胞はSTAP細胞の特質すらありませんでした」

と語っていた。つまりはメディアの勘違いから来た誤報ということだったらしい。

   理研は小保方リーダーの論文を故意による「改ざん」「捏造」だったとの最終調査報告をし、STAP細胞の存在については更なる実験と調査が必要としているが、小保方リーダーは論文の取り下げを含め「捏造」呼ばわりされたことも不服だと弁護士を通じてコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中