昏睡強盗容疑の女の画像、警視庁が公開 男性に転居相談持ちかける

印刷

   男性が睡眠薬を飲まされ腕時計などを奪われる昏睡強盗事件があったとして、警視庁目黒署は2014年4月3日、容疑者とみられる20代ぐらいの女の画像を公開した。

   報道によると、女は13年12月14日、転居の相談をしていた東京都目黒区の不動産業者男性(32)の自宅マンションを訪れ、男性に睡眠薬の入った酒を飲ませた。そして、男性が翌日に目を覚ますまでに、腕時計など3点(計45万円相当)と現金5万7000円を盗んだ疑いが持たれている。

   公開された画像では、女はマンション近くのコンビニで食べ物などを買う様子が写っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中