俳優の蟹江敬三さんが死去 「ガイアの夜明け」「あまちゃん」など

印刷

   俳優の蟹江敬三さんが2014年3月30日、胃がんのため亡くなった。69歳、東京都出身。劇団青俳を経て、演出家の蜷川幸雄さんらと劇団「現代人劇場」「櫻社」を旗揚げ。解散後は個性派俳優として活躍した。

   昨年にはドラマ「あまちゃん」(NHK)で主人公の祖父を熱演。ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)のナレーションは放送開始から12年間担当していた。「ガイアの夜明け」WEBサイトには4月4日、

「今年初めから体調を崩されていましたが、亡くなる2週間前まで、気丈に仕事を続けていらっしゃいました」

と追悼文が掲載された。なお5日放送のドラマ「おとり捜査官・北見志穂 “幸福の絶頂”美女連続殺人!」(テレビ朝日系)が遺作となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中